スポンサーサイト
PR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  新しいサイト田舎でつくろう!(blog版)に移転することになりました。
  よろしければ新サイトでご覧下さい。

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
YAMAHA(ヤマハ)SEROW(セロー)250インプレ その3
PR

いよいよ見積もりです。


このバイク屋は、"赤いおじさん"のチェーン店で、新車乗り出し価格は安いことで有名です。

セロー250 インプレ

カウンターに行き、おもむろに「セローが欲しいんですが、見積もりしていただけますか?」といいます。

すると店の人は満面の笑みで迎えてくれました。



「セロー250が欲しいのですが。」

「どのタイプでしょうか?」

「どのタイプかといいますと?」

「20th Anniversary Specialというのがあります。」

「どう違うのですか?」

「ほとんど同じなのですが、カラーが特別なのと、エンジンのオンとオフ時にメッセージがメーター表示されます。」

「いい色ですね。値段は同じですか?」

「いいえ、21000円高くなっています。」



「普通のタイプでお願いします。」

「自賠責はどうしますか?」

「割安なので5年間(27060円)でお願いします。(1年間は10000円弱)」



 ・・・以下省略・・・



しめて乗り出し価格は468060円となりました。



高い!

こんなのセローじゃない!

いろんな意味でセローは貧乏人の味方だと思っていたのに・・・と思いましたが、ここでゴネても仕方ないので、奥の手を出すことにしました。



「セロー225の新古車はまだありますか?」

そう、このせりふを言うために、わざわざバイク屋にきたのです。

セロー250 インプレ

私はこの店で以前から、中古は買わない宣言をしてあるので、

店の人は

「新車ですよねえ・・・」

と困った顔をしています。

もちろん私は

「はい。新古車です。」

と断言します。

なにやらまたパソコンで探しているようです。



「やっぱりないですね。あと1ヶ月早ければねえ。特価品で

31万くらいであったんですが。」

といいます。



31万って・・・。



安い!

もし今あれば即買いです。



いや、お金がないので買えません。

がっかりしましたが、ほっとしたのも事実です。



「そうですかあ、惜しかったです。それを聞くと250が、かなり高く思えますよね。残念!」

と悔しがって見せます。



「それならば、ほかのバイクの乗り出し価格はいくら位になりますか? 例えばホンダのSL230とか。」

セロー250 インプレ

その直後、私は信じられない言葉を聞いてしまったのです。



次回、衝撃の事実



(2005年6月16日に書いた懐かしい記事を見つけたのでアップしました)



  新しいサイト田舎でつくろう!(blog版)に移転することになりました。
  よろしければ新サイトでご覧下さい。

この記事のURL | 自給自足的コラム | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。