スポンサーサイト
PR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  新しいサイト田舎でつくろう!(blog版)に移転することになりました。
  よろしければ新サイトでご覧下さい。

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
恐竜再生の足がかり          ・・・ (STAP細胞をきっかけに  昔の記事)
PR

恐竜の化石から血管組織が見つかったというニュースを聞きました。


ニュースによると



>発見したノースカロライナ州立大学の古生物学者

>メアリー・シュバイツァー氏らによれば、化石は

>大腿の一部で、発掘の際米北西部で発見されたもので、

>化石の大きさは長さ1・07メートル。

>このティラノザウルスは18歳と推定されている。


>発見したノースカロライナ州立大学の古生物学者

>メアリー・シュバイツァー氏らによれば、化石は

>大腿の一部で、発掘の際に切断されたため、化石

>内部の模様を鮮明に観察することができたという。


>恐竜の化石から、これほどの大きさで組織が見つかった

>ことは過去に例がなく、シュバイツァー氏は

>「この組織から一定のたんぱく質を分離することに

>成功すれば、恐竜の生理と生命の謎の解明に取り組む

>ことができるかもしれない」
と指摘している。


>また、研究チームの一人は「化石化していない組織であれば、

>われわれはDNAを採取することもできるかもしれない




ということです。

DNAが採取できるということは、恐竜を復活させることができるかもしれないということです。

映画「ジュラシックパーク」の再現です。





どのようにして再現するか次回説明します。





(2005年3月29日に書いた懐かしい記事を見つけたのでアップしました)


  新しいサイト田舎でつくろう!(blog版)に移転することになりました。
  よろしければ新サイトでご覧下さい。

この記事のURL | 自給自足的コラム | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。