スポンサーサイト
PR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  新しいサイト田舎でつくろう!(blog版)に移転することになりました。
  よろしければ新サイトでご覧下さい。

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
震度とマグニチュードの違い       ・・・ (懐かしい)
PR

皆さんは地震が起こったとき、震度5とか、マグニチュード7.2だとかという言葉を聞くと思いますが、震度とマグニチュードの違いや、その決め方などご存じでしょうか。


・震度        ・・・・・揺れの程度

・マグニチュード(M)・・・・・地震の規模



というように決められています。


これではよく分かりませんね。

実際私もよく分かりません。



調べてみると、震度というのは0、1、2、3、4、5(弱)、 5(強)、6(弱)、6(強)、7の10段階に分けられています。

この階級はなんと、人の感じ方や、建物などの倒壊の様子から決めていたのです。

測定者によって震度が変わってきそうな感じですね。



やはりそれでは困るということからか、1996年の階級数の改正で、震度計で測ったものから決められることになりました。

ちなみにこの震度は日本独自で決めているもので、海外では また別の階級が使われています。



マグニチュードというのは、震源からどれだけ遠くまで揺れが伝わるかということを表します。

つまり地震の規模を表すのです。



マグニチュードという言葉で地震の規模を表したのは、アメリカの チャールズ・リヒター博士です。

1935年のことです。


まだ地震の実態ははっきりしていなかった当時、彼は震源から100km離れた地点においた地震計の、針の最大振れ幅をマグニチュードとしました。



もちろんどこで地震が起こるか分からないのですから、距離によって補正して決めていました。


日本でも独自に補正し、これをMjと表すことにしました。

普通はMと表します。



マグニチュードが1増えると、地震のエネルギーは約32倍になります。

2増えれば、エネルギーは32倍の32倍なので約1000倍になります。



なんかややこしいですね。

例えてみましょう。




震の規模(M)は断層面積と断層のずれに比例し、目安としては、M6は長さ約14kmの断層、M8は約140kmの断層がずれた地震に相当します。

仮にM12だと、断層の長さは約14000kmになり、地球の直径12800kmを超え、地球が二つに割れることになるのです。

すごいですね。



マグニチュードの大きい地震でも、震源から遠い地点では震度は小さくなってしまいます。

また、マグニチュードが小さい地震でも、震源に近ければ震度は大きくなるのです。



気を付けてほしいのは、マグニチュード7だからといって、震度7ではないということです。

特に海外での地震の場合、日本のニュースではマグニチュードで表すので、混同しないようにしてください。






(2005年6月6日に書いた懐かしい記事を見つけたのでアップしました)

  新しいサイト田舎でつくろう!(blog版)に移転することになりました。
  よろしければ新サイトでご覧下さい。

この記事のURL | 自給自足的コラム | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。