スポンサーサイト
PR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  新しいサイト田舎でつくろう!(blog版)に移転することになりました。
  よろしければ新サイトでご覧下さい。

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
真空管パイプ太陽熱温水器の組み立て⑮安全弁の分解
PR

さて、取り外した安全弁です。

真空管太陽熱温水器 安全弁の分解取り替え

もう使うことはありません。

真空管太陽熱温水器 安全弁の分解

となると、したくなるのは分解です。

異常な圧力がかかると排水するようになっているので、内部の構造は大方の予想はつきます。

まずはねじを取り外します。

真空管太陽熱温水器 安全弁の取り替え分解

出ました!


バネです。

そして水が漏れないようにゴムのパッキンが入っています。

真空管太陽熱温水器 安全弁の取り替え分解

こちらのパッキンの方も分解します。

マイナスドライバーでこじ開けます。

真空管太陽熱温水器 安全弁の取り替え分解

外れました。

真空管太陽熱温水器 安全弁の取り替え分解

いわゆるダイヤフラムですね。

簡単な構造ですが、安全を担っているので安易に再利用はしないことにします。



給湯器には少なくとも、減圧弁と安全弁という2つの安全策がとられています。

どれも圧力に関するものです。

どちらも大切な物なので、たまには点検が必要ですね。



  新しいサイト田舎でつくろう!(blog版)に移転することになりました。
  よろしければ新サイトでご覧下さい。

この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。