スポンサーサイト
PR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  新しいサイト田舎でつくろう!(blog版)に移転することになりました。
  よろしければ新サイトでご覧下さい。

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
自治体による河川敷草刈り後の草の無料提供情報
PR

広島県の太田川河川事務所が河川敷などで刈った草を無料提供するそうです。
今回新聞で初めて知ったのですが、平成21年から無料提供をしています。

もらった人は、畑に敷いたり堆肥にしたり、家畜の餌にしたりしているそうです。
確かに河川敷の草は殺虫剤や除草剤をまいたりしていないようですから安心して使えそうです。
しかもすでに刈ってくれているのですから至れり尽くせりです。

昔は河川敷の草や木を刈った後はその場で野焼きをしていました。
今は規制が厳しいためか、木は長さをそろえて切ってトラックでどこかに運んで処分しているようです。
もったいないな~と思いながら見ていましたが、うちには山があるので薪には不足していません。
必要な人が引き取れるような仕組みがあればいいのにと思っていました。

伐採した草や木などはゴミなどではなく、資源です。
町中に住んでいるとやっかいなものでしかありませんが、田舎では重要な役割を持っています。
このような告知によってそういう事情も多くの人に知ってほしいと思います。

以下に概要と詳しい情報があります。

河川敷


提供場所
 中調子高水敷(安佐南区川内4丁目付近)

提供期間
 10月1日~10月10日
 9:00~17:00の間

草の状態
 バラ状態
 主にカヤ類

その他
 現地での先着順
 2トントラック10台程度
 営利目的では利用しないように
 引き取り後の返却には応じない
 積み込みから提供後の使用等に至るまでに関して国土交通省は一切の責任、負担を負わない。

 申し込みは提供時期の3日前(土日、祝日を除く)

申し込みホームページ
 「太田川河川事務所」
 http://www.cgr.mlit.go.jp/ootagawa/

  新しいサイト田舎でつくろう!(blog版)に移転することになりました。
  よろしければ新サイトでご覧下さい。

この記事のURL | 自給自足的コラム | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。