スポンサーサイト
PR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  新しいサイト田舎でつくろう!(blog版)に移転することになりました。
  よろしければ新サイトでご覧下さい。

この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
原発について忘れられていること  えっ!?そうなの?
PR

そうそう、忘れていました。

前回、原発の発電コストについて書きましたが、もう一つ、根本的な問題点について言及するのを忘れていました。

原発発電コスト計算には核燃料廃棄物処理費も含まれていないのですが、これも含めると膨大な発電コストがかかることになるのはご承知の通りです。

しかし、そもそも破核燃料廃棄物処理コスト自体計算できないものなのです。

今の日本の計画で主なものは、核燃料廃棄物をガラスで固め、ステンレス缶に詰めて地中深くに保管するものですが、処理地のめどさえ立っていない状況です。現在はある保管場所に保管していますがいずれいっぱいになってしまいます。

しかもそこで扱う核物質の放射線が弱まる年数は数千年から数万年単位だそうです。いろいろな処理方法があるようですが、いずれも放射線がなくなるわけではなく、他の生成物が取り出せたり、多少放射線の弱まる期間が短くなるものに変換できる程度です。放射線の驚異は何世代にも渡りなくなりません。

今の日本が半永久的に存在し核をきちんと管理できるという前提で原発政策は進められているのです。その結果、私たちの子孫が全く新しいクリーンなエネルギーを開発し利用を始めても、私たちの残した放射能という恐ろしい物質を管理し続けなくてはならないのです。

つまり突き詰めてしまえば、原発は今は便利だけれど、どんどんゴミがたまって近い将来はそのゴミのせいで生物が住めなくなってしまうという恐ろしい発電方法なのです。発電コストがどうのこうのといっているレベルの話ではありません。

技術的なものに絶対というものはありません。いくら国が原発の安全を保証すると言っても、何をどう保証するのか全く分かりません。もういい加減、電力会社と政治の癒着はやめていただきたい。

日本には自然エネルギーに関するすばらしい技術があります。過去に電力会社によるそういった新しい技術つぶしも明らかになってきたことですし、エネルギー関連の規制と癒着を変えるのは今しかありません。

もっとも日本だけが脱原発をしても、他の国が原発推進をしたらほとんど意味はありませんが、せめて日本が率先してエネルギー体制を変えなくては。

  新しいサイト田舎でつくろう!(blog版)に移転することになりました。
  よろしければ新サイトでご覧下さい。

この記事のURL | 自給自足的コラム | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。